沿革
1922年(大正11年) 姫路市光源寺前町に蔦工作所を設立。
各種紡績、化学機械の製造を行う。
1939年(昭和14年) 社名を株式会社蔦機械工作所に変更。
造船機器・航空機機器の製造開始。
1943年(昭和18年) 川崎重工業(株)へ航空機用発動機部品の製造納入開始。
1947年(昭和22年) 三菱電機(株)姫路製作所へ電装品部品の製造納入開始。
1949年(昭和24年) 社名を蔦機械金属株式会社に変更。
1957年(昭和32年) 荒川工場完成、ダイカスト鋳造による電装品部品の製造開始。
1964年(昭和39年) 本社工場を姫路市土山に移転。
1968年(昭和43年) ダイカスト工場新設、電装部品の製造開始。
1979年(昭和54年) 機械加工工場拡張。
1980年(昭和55年) 井関農機(株)取引開始。
1983年(昭和58年) 第二期ダイカスト工場新設。
1986年(昭和61年) 第二期機械工場新設。
1987年(昭和62年) 材質分析用スペクトル分析器導入。
三菱電機(株)三田製作所 取引開始
1990年(平成 2年) 第三期ダイカスト工場増設。
アルミ合金鋳物工場新設。
1992年(平成 4年) 製品自動ラック倉庫新設。
金型自動ラック倉庫新設。
非破壊検査用X線透視装置導入。
1994年(平成 6年) 自動車用スロットルボディ部品の製造開始。
1995年(平成 7年) (株)ミノル製作所内に金型製作工場新設稼働。
1996年(平成 8年) 製造管理用CIMシステムの導入。
1997年(平成 9年) 姫路市白浜町に白浜事業部新工場設立稼働。
ガソリン筒内噴射式エンジン(GDI)部品の製造開始。
川崎重工業(株)建機事業部向け製造開始。
スクイズ鋳造機導入。
2000年(平成12年) 姫路市白浜町に白浜第2工場 設立稼働。
ISO9001認証取得。
2002年(平成14年) ISO14001認証取得。
2004年(平成16年) 飾東工場 設立稼働。
2011年(平成23年) ツタ(タイランド)株式会社 設立稼働。
2016年(平成28年) (株)ミノル製作所へ 金型設計部門を統合。
2017年(平成29年) 飾東工場 分社 独立。
TPM優秀賞 カテゴリーA 受賞。
2020年(令和2年) 広畑工場 新設。